少女は 靴に置き去り ぽつり こぼれた雨が ぽつぽつ 落ち落ち 僕は 蛇口が 閉められずずず ながれるみずは いきおいよく これでもかと ごぽごぽと ながれつづけました。 美しい物語としても 凶暴な現実としても わたしは描くことができません。 しかし描かないという 選択もできませんでした。